技術商社の立花エレテックが提供するサービス・ソリューション専門サイト

CASE STUDY

導入事例

CASE 9

メンテナンス性向上

生産性向上

シリンダ動作をe-F@ctory支援モジュールで常時監視!
簡単に予知保全を実現、タクトタイム低下を防止!

シリンダ動作をe-F@ctory支援モジュールで常時監視!
簡単に予知保全を実現、タクトタイム低下を防止!

★e-F@ctory支援モジュールは、シーケンサMELSEC iQ-Rシリーズおよび表示器GOT2000シリーズ用のサンプルプロジェクトです。

導入の背景・課題

製造メーカーからのご相談です。

従業員が機械のスピードを監視して、メンテンナンスを行っている。そのため作業員が機械の遅れを見逃すことがあり、就業時間内に当日予定数を生産できず、残業で対応することがある。既設装置に安価で簡単に、設備稼働状況の見える化やシリンダの予知保全をしたい。

課題

シリンダの使用頻度に関係なく、経験による感覚で、メンテナンスを行っているため、シリンダの動作不良で、生産が遅れることがある

予知保全は導入コストがかかりそう。安価にシリンダ動作の状況確認を行いたい

導入効果

シリンダの動きを監視し、動作時間のしきい値を超過することでアラームを発報させ、適切なメンテナンス時期を通知できる

e-F@ctory支援モジュール活用することで、開発費の削減
安価にシステム構築が可能

導入システムの概要

導入のポイント

三菱電機のe-F@ctory支援モジュールを利用する事により、開発工数削減、簡単に導入でき、単独システムとして、既設装置に後付け可能です。

最新情報の受け取りはこちら

展示会の出展情報、サービス・ソリューションに
関連する情報をいちはやくお届けします!

最新情報をメールで受け取る

CONTACT

お問い合わせ

サービス・ソリューションに関するご相談、
お問い合わせは下記よりご連絡ください。

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

06-6539-2718

土・日曜日、祝祭日、など弊社休業日は、翌営業日以降の対応となります。

お問い合わせ内容により、ご回答させていただくまでにお時間をいただく場合があります。

内容によりましては、電話・FAX・書面等でご返答する場合があります。