技術商社の立花エレテックが提供するサービス・ソリューション専門サイト

CASE STUDY

導入事例

CASE 4

人手不足解消

品質向上

キャップ締めがある製造業
キャップ締め自動化で人材不足解消!
→双腕ロボットによるキャップ締め自動化システムを導入
→今ある設備を活かして安価な自動化を実現!

キャップ締め自動化で人材不足解消!
→双腕ロボットによるキャップ締め自動化システムを導入
→今ある設備を活かして安価な自動化を実現!

導入の背景・課題

安価に自動化できないだろうか!!

試薬製造メーカーからのご相談です。
充填機とキャップ本締め機を使い、人手でキャップとボトルの供給/キャップ仮締めを行っている。 労働人口減少に伴い、作業者の確保が難しくなってきた。今ある設備を生かして、安価に自動化を実現できないだろうか。
※上記の様なお客様の課題を解決するために開発しました。

課題

専用機は高価
専用機は各可動部ごとに部品点数が多く、設計時間も掛かり、費用対効果が出ない

スペースが狭い
人今ある設備を流用するため、現場に人一人分のスペースしか無い

品種追加が多いため
ロボットでの対応を考えた場合品種追加のティーチングが面倒

導入効果

双腕ロボット duAroを導入
今ある設備を活かし、キャップとボトル供給/キャップ締めを双腕ロボット1台で安価に実現

省スペース対応
人一人分のコンパクトな設置スペースで人と双腕ロボットが協働作業可能 ※1

ダイレクトティーチング
スキル不要で直感的ティーチング

※1 国際標準化機構(ISO)の定める「産業用ロボットの規格に準じた措置を講じる」等のリスクアセスメントを満たす必要があります。

導入システムの概要

導入のポイント

(1)安価なシステム構成

今ある設備を活かし、作業者の代わりとして人協働双腕ロボット1台を導入することで低コストで実現。

(2)省スペース化

人一人分のコンパクトな設置スペースで人とロボットが協働作業可能。
フレキシブルな生産ラインを実現。
人協働双腕ロボットは安全柵が不要。

(3)簡単ティーチング

人が直接ロボットを押し・引きして動かし(ダイレクトティーチング)位置教授をことで、ロボット操作未経験者でも直感的なティーチング操作を実現。

応用できる業界・職種

製造業食品、薬品、化粧品

最新情報の受け取りはこちら

展示会の出展情報、サービス・ソリューションに
関連する情報をいちはやくお届けします!

最新情報をメールで受け取る

CONTACT

お問い合わせ

サービス・ソリューションに関するご相談、
お問い合わせは下記よりご連絡ください。

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

06-6539-2718

土・日曜日、祝祭日、など弊社休業日は、翌営業日以降の対応となります。

お問い合わせ内容により、ご回答させていただくまでにお時間をいただく場合があります。

内容によりましては、電話・FAX・書面等でご返答する場合があります。